クラウドファンディング目標達成!

HPVワクチンについて男の子とその保護者の方に知ってほしいこと

小学生以下 男の子 ワクチン
お子様がいらっしゃる方

みんちゃん
みんちゃん
子宮頸がんを予防するワクチンということは、女の子だけが知っていればいいワクチンなんだよね?

そう思っている人は多いよね。でも実は男の子も関係するワクチンなんだよ。今回の記事ではそのことを説明するね。
パピちゃん
パピちゃん



「HPVワクチンは子宮頸がんを予防するワクチンだから男の子には関係ない」と思う方もいらっしゃるかも知れません。

でも男の子とその保護者のみなさんにも知っておいてほしいことがあるのです。

 

男の子に多いがんを防ぐ効果もある

HPV(ヒトパピローマウイルス)は、子宮頸がんだけでなく、咽頭(のど)、外陰部、膣、陰茎、肛門にできるがんの原因となることが知られています。

アメリカでは子宮頸がんの年間発生数(1.2万人)はゆっくりと減少する一方、咽頭がんの発生数は増えており、年間1.9万人と既に子宮頸がんを抜いています1)

咽頭がんの中で特に中咽頭がんの発生にはHPVが大きく関わっているとされていますが、このがんは圧倒的に男性にできやすいのです2)

HPVワクチンでこのがんを減らすことができるため、HPVワクチンは男性にとってもがんを予防するワクチンなのですね。

そのことを男の子や保護者の皆さんにも知ってほしいのです。

 

性感染症の予防にもなる

尖圭(せんけい)コンジローマという病気があります。

これは主にHPV(ヒトパピローマウイルス)が原因(90%)の、陰茎に「できもの」ができる性感染症で、かゆみが出たり、痛くなったりします3)

自然に治ることもありますが、レーザー治療や外科的な切除が必要になることもあります。

日本で年間約5000人(男性3000人、女性2000人)が報告されていますが4)、男女それぞれ2万人という推計もあり、隠れた患者さんがとても多いとされています。

この病気もHPVワクチンの接種で防ぐことができます。

みんちゃん
みんちゃん
へー!知らなかった。ちなみに日本以外の国ではどうなっているのかな?


みんちゃん
みんちゃん
HPVワクチンは男の子も関係あるワクチンだったんだね!全然知らなかったよ!

海外では男の子も定期接種になっている国も増えているんだよ。HPVワクチンはみんなにとって大切なワクチンなんだね。
パピちゃん
パピちゃん


まとめ

HPV感染症は男の子の将来のがんの原因にもなり、ワクチンでそれを防ぐことができます。

女の子だけの問題ではなく、自分事として捉えていただければと思っています。

 

執筆者 医師:坂本昌彦

坂本昌彦

 

参考文献

1)Van Dyne EA. Henley SJ. Saraiya M etal.: Trends in human papillomavirus-associated cancers-United States.1999-2015.MMWR.67(33):918-924.2018
2)国立がん研究センターがん情報サービス「それぞれのがんの解説(中咽頭がん)」(2020年8月20日参照)
3)国立感染症研究所ホームページ「尖圭コンジローマとは」(2020年8月20日参照)
4)厚生労働省.性感染症報告数 (2020年8月20日参照)

海外では男の子にも接種

このワクチンは、ウイルスに感染しないためのもので、既に感染しているウイルスを退治することはできません。

ウイルスの多くは性的な接触でうつりますので、そのような接触が始まる前、つまり学童の時期に接種しておくことで大きな予防効果を発揮します。

男の子に接種をすると、自身の将来のがんや感染症の予防だけでなく、将来のパートナーに感染させないことにもつながるのですね。

こうした理由から、海外では、男女ともに接種している国が数多くあります。オーストラリア、アメリカなどでは男女ともに定期接種となっています。

日本ではまだ男性には未承認なのですが、男女やパートナー間でうつしあう感染症でもあり、近い将来接種できるようになればと願っています。

関連記事一覧