みんパピ! Q&Aページはこちら

TOP > HPVワクチンについて知りたい方 > HPVワクチンの副反応はどれくらいの確率で起こるのか解説します

HPVワクチンの副反応はどれくらいの確率で起こるのか解説します

CATEGORY:HPVワクチンについて知りたい方

投稿日時2021.07.01

更新日時2021.07.02

執筆者 医師:三ッ浪真紀子

みんちゃん

HPVワクチンを打つと副反応っていうのが起こることがあるらしいんだけど、皆に起こるのかな?


パピちゃん

HPVワクチンを打つと副反応は起こることがあるけれど、短期間でよくなるものが多いよ。

HPVワクチンは日本では2013年に副反応が疑われる症状を経験した患者さんがマスメディアによって多く報道されたため、副反応が起きやすいワクチンというイメージがあるかもしれません。

HPVワクチンはどれくらい副反応が起こるのか、国内・海外のデータを用いて説明していきます。

※ 専門的な表現も含まれていますので、分かりづらい表現がありましたら、以下の記事についてもご参照いたければ幸いです。

 

HPVワクチンの副反応が起こる確率は6-9割程度、約95%は重くない副反応

HPVワクチンの副反応のは添付文書やインタビューフォームから確認することができます1-3)

(表1※添付文書より一覧表を作成)

HPVワクチンの副反応は60-95%くらいの症例に起こると報告されていますが、93-97%は様子を見ていれば回復する症状が重くないものであり、重い副反応は3-7%と報告されています4)

注射部位の副反応の確率

HPVワクチンの安全性に関して、メタアナリシスという複数の研究をまとめて評価するエビデンスレベルの高い研究があります5)。

海外からのデータですが、ワクチン接種群における注射部位の副反応の確率を上記の表2に示します。

2価・4価のワクチンは注射部位の症状がプラセボ(効果のない偽薬)群と比較して1.18倍、個別の症状では痛みが1.35倍、腫れが1.73倍、赤みが1.72倍起こりやすいと報告されました。

全身症状の有害事象の確率

次に同じメタアナリシスで、有害事象として報告された軽度の全身症状、重篤な全身症状及び死亡のワクチン接種群における確率を表3に示します。

この研究ではワクチン接種群とプラセボ群と比較すると、これらの症状の起こりやすさにはいずれも差がないことがわかりました。

つまり、この報告された症状は副反応ではなく、紛れ込みで、ワクチンを接種していても接種しなくても起こった可能性があると言えます。

みんちゃん

HPVワクチンの副反応は注射を打った所に起きやすくて全身症状はワクチンと関係ないかもしれないんだね。

HPVワクチンの副反応疑いの確率を調べ、安全性を検討するシステムがあります。

ワクチン・薬は臨床試験を行い、安全性がしっかり証明できたものだけが販売されることになっていますが、皆がワクチンを打つようになってから、まれな副反応が見つかることがあります。

日本でも海外でも、ワクチン接種後に新たに起こった症状を報告するシステムがあり、ワクチンを接種したことで身体に悪い作用が起こっていないか常に検討されています。

詳しく見てみましょう。

ワクチンの接種後の新たに症状が出た場合は報告され、安全性が検討されます

ワクチン接種後に新たな症状が現れた場合は、日本では、医師か、医師からの情報提供のもと製薬企業が厚生労働省、医薬品医療機器総合機構(PMDA)に症例を有害事象として報告するシステムがあり、ワクチン接種と関連して起こったものかどうかが検討されます。

厚生労働省のホームページなどからHPVワクチンの副反応の情報を見ることができます6-8)

副反応(疑い)の報告は1万人に9人程度

こちらのシステムで、ワクチンの接種後に生じた症状として報告されたのは、接種1万人あたり約9人、その中で、医師もしくは企業が重い症状と判断したのは接種1万人あたり、約5人です9)

また、このシステムで得られた情報は予防接種・ワクチン分科会、副反応検討部会で議論され、副反応、副反応疑いの症状はいずれもほとんどの症例で回復したことがわかっています10)

パピちゃん

副反応疑いの報告を検討することで、HPVワクチンの安全性がいつもチェックされているのは安心だね。

まとめ

HPVワクチンの安全性は、10年以上に渡り、国内・海外で副反応疑いの報告を利用することで確認され続けています。

HPVワクチンの接種を悩んでいる方は、安全性の報告を見てみてくださいね。

また、HPVワクチン接種後に症状が出現した場合は、ワクチンを接種した病院に相談してくださね。

執筆者 医師:三ッ浪真紀子

三ッ浪真紀子 みんパピ!

引用文献

  1. サーバリックス添付文書第13版
  2. ガーダシル水性懸濁筋注シリンジ添付文書第1版
  3. シルガード9水性懸濁筋注シリンジ添付文書 第3版
  4. CDC Human Ppillomavirus(HPV)Vaccine
  5. Cochrane Database Syst Rev. 2018;9;5:CD009069.
  6. 第50回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、令和2年度第9回薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会(合同開催) 資料
  7. 2020(令和2)年12月25日第50回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、令和2年度第9回薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会
  8. 2020(令和2)年12月25日第50回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、令和2年度第9回薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会
  9. 厚生労働省ホームページ ヒトパピローマウイルス感染症~子宮頸がん(子宮けいがん)とHPVワクチン~
  10. 厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会 副反応追跡調査結果について
HPVワクチン 副反応 確率