クラウドファンディング目標達成!

HPVワクチンは他の国ではどれぐらい打たれているの?〜世界と日本で大きく違う状況〜

HPVワクチン 日本 海外 接種率の違い
HPVワクチンについて

みんちゃん
みんちゃん
ねえねえパピちゃん。HPVワクチンって他の国ではどれぐらい打ってるの?

実はほとんどの国が6割以上は打ってるんだよね。日本は極端に少なくなってしまってるんだよ。
パピちゃん
パピちゃん


日本では接種率が非常に低くなってしまったHPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチン。日本以外の国ではどれぐらい打たれているのでしょうか?

世界の国々におけるHPVワクチン接種の現状について解説します。

 

世界の多くの国では接種対象者の7-8割の接種が当たり前

日本は世界の中でも極端に接種率が低いWHO(世界保健機構)によると、子宮頸がんの原因であるHPVの感染を予防するワクチンは、世界の多くの国で9-14歳の女性に優先的に接種されています1)。通常、国から接種費用の補助が出ます。
世界の先進国における接種率は左の図の通りです2)。北欧やオーストラリアは特に接種率が高く、約9割の女性が最低1回はHPVワクチンを接種しています。韓国でも接種対象の女性のうち約7割の人が接種しており、接種率が低いことを批判されていたアメリカも、2019年には6割にまで上がってきました。

世界の国々が高い接種率を実現する中で、日本では接種率が1%以下という危機的な状況なのです。

 

接種率が高い国で期待できる「集団免疫」

新型コロナウイルスで「集団免疫」という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
HPVも感染症の1つなので、社会の中で感染している人の数が減ると、病気が広まる可能性が減ります。
女性だけでなく男性にも高い接種率を実現しているオーストラリアでは、集団免疫により2028年には子宮頸がんは非常に稀ながんになり、2066年頃には撲滅されるとの予測結果も出ています3)

みんちゃん
みんちゃん
えー!?子宮頸がんが撲滅されるって国もあるの?日本もそうなるといいなぁ。

 

このように、多くの人がHPVワクチンを打つことが、みんなを病気から守るために大切なのです。

 

ワクチンの正確な情報がきちんと広まると接種率は高まります

副反応に対する懸念によって接種率が低下した国は日本だけではありません。
2009年にはイギリスでワクチンを接種した少女が死亡したことから不安が広がりました。
しかし、調査の結果、心臓と肺の珍しい癌があったことがわかり、ワクチンが原因であることは否定されました。

デンマークやアイルランドでもテレビ番組でワクチンの副反応への懸念が報道され、接種率が80%から50%にまで低下しました4,5)
しかし、医療従事者や学会、市民団体が積極的なHPVワクチンの啓発活動を行い、今では接種率が回復しています。

今後は、日本でも様々な団体が力を合わせて正確な情報を発信していくことで、HPVワクチンの接種率が回復することが期待されます。

 

まとめ

世界の国々に比べて、日本のHPVワクチンの接種率は非常に低いのが現状です。日本でも正確な情報が広まることで、HPVワクチン接種率が他の国々に追いついていくことが期待されます。

みんちゃん
みんちゃん
HPVワクチンを打ってる人が日本だけこんなに少ないって全然知らなかったぁ。

そうなんだよね。ちょっとずつこのワクチンのことが広まって、打つかどうか自分で決められる人が増えたらいいね。
パピちゃん
パピちゃん



執筆者:医師 木下喬弘

引用文献

1)World Health Organization. Human papillomavirus (HPV)
2)World Health Organization. Data, statistics and graphics (WHO/UNICEF Human papillomavirus (HPV) vaccine coverage estimates in excel)
3)Lancet Public Health. 2016;1:e8-e17.
4)Vaccine. 2020;38:1842-1848.
5)Lancet. 2018;391:2103.

関連記事一覧